手間がかかる正月料理

私は毎年お正月料理を実家で作っているのですが、お正月料理を手作りすると結構お金がかかるので大変だな~と思っています。
私がお正月料理のお金を出すわけではないのでまぁ良いのですが、それでもお正月料理を色々と作っているとお金がかかってしまって、お正月はそれ以外でも他のことでもお金が掛かってしまうのに、大人って大変だな~と思ってしまいます。

私は作るお正月料理は、お煮染めや筑前煮や黒豆を甘く煮たものやきんぴらごぼう、そして年越し蕎麦やお雑煮やお吸い物などです。
お煮染めの材料は、大根や人参やこんにゃくや薩摩揚げや高野豆腐や昆布やわらびやタケノコやふきなどです。
わらびやタケノコやふきなどの山菜は国産のものですと結構値段が高いので、お金がかかるな~と思います。
そして昆布も良いものだと結構値段が高いのです。

ホッとできる正月の味

そして筑前煮の材料は、人参や里芋やたけのこやごぼうやなるとやこんにゃくや鶏肉などです。
里芋やたけのこが結構値段が高いですし鶏肉も結構沢山使うので、筑前煮を作る時もお金がかかってしまうな~と思います。

そして年越し蕎麦を作る時も、生の蕎麦などの良い蕎麦を使って作るので結構値段が高くなってしまいます。
お正月料理ってどれもお醤油やお砂糖やかつおぶしや昆布の出汁などで味付けをしていて、どれも味が同じような感じがしてしまいます。

お正月にお正月料理を食べるとホッとした気分になれるんです。それが不思議で溜りません。
多分日本人の舌はお醤油やお砂糖やかつおぶしや昆布の出汁の味に慣れてしまっていて、そういった和風な味付けの料理を食べると心のふるさとに帰れるんだと思います。

↓↓詳しく知りたい方は、こちらをクリック。↓↓
かに本舗 楽天

関連記事

    None Found