041

乳液には間違った認識があるようで、肌につけた化粧水の蒸発を防ぐと思っている方も多いのではないでしょうか。
乳液とは、保湿成分によって潤った角質層の水分を逃さないように保つためにあります。
乳液の中身には、水分に2から3割り程度の油分を加え、乳化させたものなのです。
乳化とは、混じり合わない水分と油分の処理に加えて、分離しないように形状することにより、水分と油分を合わせると白色になります。
簡単に言えば、化粧水のように水分がメインではなく、クリームみたいに油分がメインでもない、両方の良いところだけをとったのが乳液なのです。
乳液をうまく使えば、スキンケア効果を上げることができます。
お手入れの手順としては、化粧水から美容液、乳液をつけて、クリームの順番でつけていきましょう。
乳液には、油分も多く含まれていますので、水分が多く含まれている化粧水や美容液より後につける方が良いでしょう。
先程も説明した通り、乳液の役割は、補った水分を保湿するためにあります。
乳液は化粧水より油分が多いため肌になじみやすく、クリームより水分が多いため、肌の内側まで浸透しやすくなります。
しかも、乳液を使うことによって肌も柔らかくなり、ふっくらした質感になってくれます。
乳液は、乾燥対策にも効果的なので、正しく乳液を使うとメリットがたくさんあります。
乳液について興味を持った方はこちらも参考にしてください。⇒乳液 とは

関連記事


    040

    高校生は成長ホルモンが多く出ていることから皮脂が多くでてしまう年頃!皮脂はお肌には必要なものです。 ですが、過剰にでてしまう事で毛穴がつまりニキビができてしまいます。 ニキビができやすい肌には化粧水…


    042

    ネットでよくコスメの口コミをチェックしており、気になるコスメは試してみることも多い私。 そんな私が未だ未体験のコスメが、「オールインワンコスメ」です。 オールインワンコスメが出始めたのが子供が赤ちゃ…


    049

    美容タイムが大好きと言う人もいれば、面倒だと感じる人もいます。 20代の前半なら、スキンケアをしていなくても、肌が悪化してしまう人は少ないです。 肌の生まれ変わりが早い時期なので、メイクを落とさずに…


    Processed with VSCO with f2 preset

    Processed with VSCO with f2 preset[/capti…


    flower_arrange2

    日々行うスキンケアで化粧水とか美容液とかを使う場合は、 安い値段のものでも十分ですから、 保湿などに効果を発揮する成分が肌にまんべんなく行き届くことを狙って、 ケチらないで思い切りよく使うことが大切…