私が仕事を辞めたいと思った時は、
必ずといっていいほど同じ仕事をしている先輩との人間関係が辛くなった時でした。

最初は優しく気さくに接してくれていたのに、
ある日を境に突然冷たくなってしまいました。

いつまで経っても仕事が出来ないと思われているから怒っているんだ、
仕事が出来るようになればきっと認めて許してくれる…そう思って仕事に打ち込みました。

しかしいつになっても先輩は私への態度を軟化させませんでした。
直属の先輩との人間関係ほど仕事に大きな影響を与える物はなく、
いつしか先輩が恐ろしい存在になり報連相もままならなくなってしまいました。

先輩に相談せずビクビクしながら仕事するからつまらないミスを犯し、
さらに先輩に嫌われる…まさに悪循環です。

先輩が私に嫌悪感を持った原因が自分でわからない限り、
私はいつまで経っても人間関係に悩まされ
仕事を辞めたいという気持ちが消える事はないでしょう。

どうしても中高年の女性というものは人間関係がうまくいっているときは、
仕事もそれ以外の時もすべてが楽しいです。

仕事をお探しならこちらのサイトが参考になりますよ。→仕事探し 中高年 女性

でもいったん歯車が狂うと何をやってもうまくいかない関係になります、
男同士のように、帰りに一杯やってチャンチャンとはいきません。

それが上司部下の関係なら、なおさらのこと、
中高年女性の場合、そうなったらもう仕事辞めちゃって、
他の仕事探したほうが絶対いいです。

関連記事